専業トレーダーオレのFXブログ

オレのFXブログです、FXで勝つ方法、裁量トレードの手法、システムトレード、考え方、など。せっかくFXやろうと決めたんなら月100万くらいは稼げるようになろうよ

FXは逆張りでも勝てるよ?逆張り好きのオレが手法抜きで勝ち方を教える

逆張りを考えるトレーダー

 

FXで逆張りと言えば、「危険だ!逆張りはいけない!」というのが一般的なトレーダーの逆張りに対する認識だと思う。

 

オレも散々FXで逆張りはダメだと言われたよねw

 

でも、逆張りでも勝てるよ?

 

 

オレは逆張りが好きで昔から逆張りでトレードすることが多かったよ、でも成績はそんなに悪くはない、もちろんトータルプラスだよ、安定しないけどw

 

確かに逆張りが危険なのはわかる、でも条件さえ整えてやればリスクは限定できるからね、もちろん順張りに比べて逆張りは難しいのはその理屈からも理解は出来る、でもそんなに危険なものでもないよ。

 

ということで、逆張り好きのオレが逆張りトレードの勝ち方とか考え方を書いてみる。

 

逆張りが勝てないと言われる理由

逆張り


FXで「逆張りでは勝てない」と言われる理由はいくつかあるが、その中でも大きな理由は、値が進んでいる方向とは逆の方向へエントリーすることにある、これは確かに怖い。

 

要するに、流れに逆らったトレードなんだけど、流れに逆らっている分タイミングを間違えれば力関係であっという間に負ける。

 

トレーダーなら誰もが知っていることだが、値は進んでいる方向に進んでいきやすい、それに逆らったトレードをするのだから逆張りは「FXではやってはいけないこと」「逆張りは勝てない」と言われるのも納得の理由だw

 

たとえば、

 

流れに沿う形でトレードする順張りでは、仮にあまり良くないところでポジションを持ったとしても、放置しておけば値は流れの方向へ動いていき結果プラスになる確率は大きい。

 

それに対し、逆張りは良いところでポジションを持てなければ値は流れ通りに逆へ動いていきマイナスになってしまう確率が大きい。

 

それらのことからも普通に考えば逆張りは不利だ損だ難しいと言わざるを得ないトレード方法だと言える。

 

では、その難しい逆張りで、どうすれば勝てるのかを説明する。

 

逆張りの考え方

 

当然のことだけど、逆張りでポジションを持つときだって「ここでエントリーすれば勝てる!」と思えるところでポジションを持つ、あたり前のことだけどそこでポジションを持つことが得だと考えるから勝負するわけだよ。

 

オレの逆張りの考え方としては「伸びきったところを叩く」「行き過ぎたところを叩く」という考え方だ、ただ、それを説明する前に、

 

逆張りには大きく分けて2つの方法がある、1つは、レンジ相場時の逆張り、1つは、トレンド相場時の逆張りがそれだ。

 

オレは基本レンジの逆張りはやらないから、ここで説明するのはトレンド相場時の逆張りについてだ。

 

トレンド相場時に値が「伸びきったところを叩く」「行き過ぎたところを叩く」というのがオレが好んで行う逆張りになる。

 

このような逆張りを行う理由としては、単にオレの好みの問題であることと、「伸び切ったところ」「行き過ぎたところ」と言うのは”戻る力も大きくなる”と考えるからだ。

 

「ゴム」でたとえるなら、ゴムを指で伸ばすじゃん?してゴムがピンピンに張ったところが逆張りポイントでさ、ゴムはピンピンになればなるほどそれ以上伸びる余裕が無くなってくるじゃん?そこで伸ばした方のゴムをつまむ指を離すじゃん?そしたらゴムが勢いよく戻るじゃん!ってことw

 

これがオレの逆張りの考え方の1つであり、エントリーの考え方だよ、狙うポイントは「伸び切ったところ」「行き過ぎたところ」。

 

逆張りはパッと撤退に勝機

 

でもそれだけでは逆張りは勝てない、まだまだ「FXで逆張りでは勝てない」と言われる理由を覆せせない、まだまだ考えなければならないポイントはある。

 

値の流れに逆らう形でポジションを取るのが逆張りだ、だからいくら自分が「伸び切ったところ」「行き過ぎたところ」だと思ってポジションを持ったとしても「そこ」が「伸び切ったところ」「行き過ぎたところ」ではなかったとしたら、値はアッという間にポジションを取った方向と逆へいく。

 

また、ポジションを持ったところが、たとえ「伸び切ったところ」「行き過ぎたところ」だったとしても、伸び切ったゴムが戻る力以上に「本来の流れの力」が強ければ値はアッという間にポジションを取った方向とは逆に行ってしまう。

 

逆張りするも踏み上げられる

 

要は、力関係だよね、「買いが強いのか?」「売りが強いのか?」力関係に逆らうトレードが逆張りなんだから「間違った!」と思ったらとっとと撤退なんだよw

 

たとえばね、値が上昇し続けてきたところを「伸び切ったところ」「行き過ぎたところ」だと判断して叩くわけだけど、力関係で言ったらどこまでいっても買い圧力が強いんだよ。

 

そこが限界点だと思うから逆張りするわけだけど、うっかり決めつけてるとこれは危ない、値がどこまで伸びるかなんて誰にもわからないことで、それを自分で決めちゃいけない、たとえそこで反転下落しても利確してその結果を見ても「あ、やっぱり限界点だったね」っていうだけ、あくまでも結果的にだ、その結果がでるまではどこまでいっても買い圧力が強いという事実とその力関係の認識は変えてはいけない、だから逆張りは「とっとと撤退!」は基本なんだよ。

 

これは含み益が出たときも一緒、「とっとと撤退!」が基本、そこが限界点だと決めつけて安心してるとアッという間に踏み上げられたりするからね、どこまでいっても力関係の認識は変えてはいけない。

 

逆張りで含み益が出るも流れに負ける

 

もちろん、含み益が出て「これ完全に反転捕らえたわ~」って思ったら狙うだけ狙うけどねwでも基本は「とっとと撤退!」

 

逆張りで勝ちきろうと考えるならこれは大事だよ。

 

「いけるはず!」みたいな予測や先入観で「事実(力関係)」を捻じ曲げちゃう人は逆張りで勝てないよ?

 

これだけは絶対だよ。

 

蛇足だけど

 

手法抜きでってタイトルだから、これは書く必要もないんだけど、一応、簡単にね。

 

オレが逆張りするポイントは先に書いたとおり「伸び切ったところ」「行き過ぎたところ」だよ。

 

見てるところは、「方向」と「足の角度」と「乖離幅」と「レジサポやチャネルなんかのライン」だよ、テクニカルがどうこうじゃなくて「理屈」とか「法則?」で考えてるよ、分かる人はわかるでしょ?

 

まあ、一応参考がてらにね。

 

まとめる

 

ポン円逆張りトレード結果(ごめん、ブログに載せようとして狙ってみたんだけどビタッとはいかなかったw

 100ピプフィニッシュ)

 

逆張りは決して勝てない方法なんかではないよ、リスクが大きい方法でもない。

 

ただし、それは守るとこ守った上での話で、「先入観」や「思い込み」でトレードやっちゃう人や決めたことも守れない人にとって逆張りは勝てないどころか非常にリスクの大きい方法だと言えるかもしれないね。

 

そもそも損益問題のリスクなんて自分で調整するもんだからね、逆張りだからリスクとか順張りだから安全とかじゃないしね。

 

その辺わかっててちゃんとできる人なら、これ読んでトレードすれば、逆張りでも勝てるんじゃね?手法がどうとかロジックがどうとかじゃないよ。

 

さて、まとめるけど、逆張りは順張り以上に「自分がなにをしようとしているのか?」ということが大事だと思うんだよ。

 

流れに逆らっちゃってるところとか、流れに逆らうってことはどういうことなのかとか、そういうところだね。

 

でもまあ、順張りよか逆張りのほうが難しいというのは変わらないけどねw